" 自動車買取の相場がこれでわかる

自動車の買取相場をネットで簡単に知る方法

自動車 買取 相場

概算でいいから愛車の買取額の相場をすぐ知りたいときはネットの【無料】一括査定が便利です。

一括査定は、車買取店各社が車種、グレード、走行距離などのデータから最新の相場に基づいて行う査定ですので、実際の相場により近い金額を知ることができます。

簡便法での荒い相場金額だと実際に売却するときに何十万円もズレてしまう心配がありますが、【無料】一括査定ならその心配を最小限に抑えることができます。

一括査定のサイトはたくあんありますが、初めてでも使いやすく今利用者が急増中の次のサービスがまずは一番のおすすめです。

↓↓↓入力後すぐに過去の買取り最高額がわかる一括見積り↓↓↓

入力が済むと買取実績による過去の最高額がすぐに表示されるので、その金額を各社の査定額を見る時のものさしにすることができます。

実際に利用する際は、特記欄に「概算額をまずはメールでお知らせください」と記入してください。


次のおススメは、初めからメールでの査定額通知を選べる次の一括査定です。

↓↓↓査定業者を指名できメールの通知が選べる一括査定↓↓↓

上の「かんたん車査定ガイド」より多少入力に時間がかかりますが、メールで届く各社の査定額で相場がわかりますし、最高額のところを知ることもできます。


自動車の買取は相場を知ってからが本当の勝負どころ

さて、今の車の買取額の相場がわかれば、次の車を購入する資金計画が見えてきますし、ディーラーの下取査定額が本当に低いものだということもわかってくるでしょう。

次の目標は実際に次の車を買う時になって、今の車を相場どおりにあるいはそれ以上の値段で買取りしてもらうということになりますね。

でも、一口に「相場で売る」と言ってもそう簡単なことではありません。

車買取店に車を持ちこんで「相場は○○円程度のようですけど」と言っても、相手は車買取りのプロ、査定でマイナスポイントを探しだしその気になればいくらでも相場額から値引きすることができるでしょう。

交渉のようなことをしようと思ってもプロと素人では初めから勝負になりません。

プロにはプロをぶつけるしかありません。

この「プロにプロをぶつける」方法が【無料】一括査定なのです。

かつてガ○バーに持ち込んだら「2万円」と言われた7年落ちアコードワゴンを、一括査定で32万円で売却できたことがあります。

また車の例ではないですが、アート引越しセンターの見積り26万円が「この後サカイと○○○にも見積りしてもらう予定」と言ったらその一言でなんと6万円も見積りが安くなったこともありました。

プロ同士の競合になればお互い変な価格の提示はできないのでしょう。

【無料】一括査定は私たち素人がプロに初めから本気を出してもらう唯一の方法ではないでしょうか。

時間が経過した相場額であれば目標達成は簡単ではないかもしれませんが、それだけに一括査定は車買取に欠かせないと思います。

せっかく調べた相場なのですからぜひ一括査定で各社を競わせ目標を目指してみてください。


一括査定の時の査定マンの頭の中を覗いてみよう

車買取店というのは車を買い取ることが出来てナンボの商売です。

他社の査定額が高いからといって簡単に買取りをあきらめていては会社が成り立ちませんから、一括査定では当然ながら買取店同士の競争になります。

一括査定に臨む各車買取店の査定マンが想定している査定限度の目安は次の金額です。

(直近のオークション落札額)-(適正マージン)=(買取査定額)

(直近のオークション落札額)は各買取店ともほぼ同じデータだと考えていいでしょう。

(適正マージン)つまり1台あたりの利益ですが、某買取店店長の暴露インタビューでは「8万円~10万円」という話がありますので、10万円としてみましょう。

査定マンは「通常はいきなり最高額は出すことはしないが、一括査定だから初めから限度いっぱいの額でないと買い取れないかもしれない」などと考え、まずは車種、グレード、走行距離、車の状態をチェックします。

事故歴のないことが確認できたところで会社に電話して査定車の(直近のオークション落札額)90万円を確認し、マージン10万円を差し引いた80万円を提示しようとします。

ところがオーナーに他社のことを聞いてみると、前回最高額を出しても勝てなかった○○社も訪問査定することになっています。

そこで査定マンは電話で「前回の例から見て80万円だとまた○○社に取られそうです。いくらかでも上乗せできませんか?」と店長に伺いを立てます。

店長から、「厳しいが、同じ車種を東京のオークションに回したら化けた(相場より高額落札した)例もあるので、3万円を限度に乗せてみよう。」との了解をもらい、オーナーに83万円の買取額を提示します。

各社の査定が終わり、オーナーから「お宅の査定額が一番高かったので買取ってもらいます。」と連絡が入り、査定マンは所長に報告し早速契約のためにオーナー宅へ向います。

下手な物語風になってしまいましたが、一括査定の時の車買取店の査定マンの頭の中は大体こんな風だと思います。

買取店同士の競争になれば「利益の削り合いの勝負になる」と言いますが、そのような競り合いになることを期待できるのが【無料】一括査定の一番のメリットだと思います。


<利用者の多いおすすめの【無料】一括査定>

サービス名            詳  細

かんたん車査定ガイド

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定
●簡単な車情報の入力だけで最大10社に一括で見積もり依頼。
●中古車の買取一括査定サイトの決定版!
●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

全国展開大手の買取業者が多数参加
●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定
●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)
●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


ちょっとしたコツで車買取店により本気になってもらおう

一括査定は、自分にあったどれか一つの一括査定を選んで利用するというのが通常のやり方です。

これでも車買取店のプロ同士の競争を引き出すことができますが、ちょっとした工夫をすることで買取店どうしにより緊張感のある真剣勝負をしてもらうことができます。

その工夫というのは、一括査定を二つ利用し、普段の顔ぶれにない業者が1社でも2社でも混ざった競争にするという方法です。

例えば上で紹介したサービスで言えば、「かんたん車査定ガイド」で3社からオファーがあったらもう一つの「カーセンサー.net簡単ネット査定」で重複しない1社か2社を選んで、計4~5社で競争をしてもらうのです。

「カーセンサー.net簡単ネット査定」は査定をする業者を指名できますので、二つ目にこのカーセンサーの一括査定を使うのがポイントです。

この方法は業者の数を増やすというよりも、普段顔を合わせない業者を混ぜることにより査定競争の緊張感を上げてもらうというのが狙いです。

どう出て来るかがわからない業者を競争相手に加えることで各社に限界まで頑張ってもらおうという作戦ですね。

相場を知ってから間があって査定額の低下が心配される時など、ぜひ試してみてください。


本当に高く売りたいのなら買取店からの電話を嫌がってなどいられない

ネットなどで「車の一括査定は申し込み後に買取店から次々に電話が来るので嫌だ」という趣旨のコメントを見ることがあります。

でも良く考えてみてください。愛車をできるだけ高く売りたいから一括査定を申し込んでいるのですよ。

車買取店から電話のオファーがあるというのは、愛車が車買取店が買取したい車であることの証拠ですし、オファーが多ければ多いほど高く売れる可能性が高いと言うことです。

もしも逆に全く反応がなかったらどういうことになるでしょうか。反応がないということは愛車がどの買取店も買取りする気になれない車だということです。

車買取店のオファーを嫌がるというのは、車をオークションに出しておきながら入札を嫌がるというというようなものではないでしょうか。

「しつこい電話」と言いますが、下手に車に詳しいことを見せようとして交渉のプロの術中にはまってしまっているのではないでしょうか。

要は「一番高いところに売る」とはっきり伝えて、後は訪問査定の日時を決めればいいだけなのです。

「車のことは良くわからない」と告げ、上の2点に徹すれば電話など1分もかからないと思います。

相手は交渉のプロです。話が長くなればなるほど相手にとって有利な情報を抜き取られるだけだと考えるべきでしょう。

もしすぐに愛車を売る予定がない場合でも、買取店から電話があったら、「よし、よし、高く売れそうだ」と手ごたえを確認しながら「今すぐ売る予定はないので」と丁寧にお断りすればいいのだと思います。

相場を調べるなら直近の買取査定相場でないとあまり意味がない

自動車買取の相場の見当を付けるには、相場サイトを利用するとか同車種の中古車販売額から20万円~30万円差し引いてみるとかの簡便な方法もないわけではありません。

でもそのような荒すぎる相場金額では、実際に自動車を売却する段階になったら何十万円もずれてしまったということになりかねません。

多少手間がかかってもどうせ調べるのなら実際の買取査定額に基づく直近の相場を知りたいものです。

そうした実際の査定による最新の買取相場を知りたい場合は一括査定【無料】が便利です。

一括査定では、希望すれば無料で各社の訪問査定をしてもらうことができます

自宅のままで複数業者の査定額を比べ、最新・直近の買取相場を知ることができます。

訪問査定を受けても自動車を売る義務が発生するわけではありません。

「まずはこの車の価値を知りたいだけ」とはっきり伝えればいいのです。

もちろん「この金額なら・・・」と納得できる場合は、最高額のところに売ることもできます。

このように、一括査定を利用すれば直近の相場がわかり、愛車を今一番高く買い取る業者も同時に知ることができるのです。

業者オークション相場を背景にした相場がわかる

下取りよりも買取専門店の方が査定額が有利になるのはもうご存知でしょう。

ほとんどの買取専門店は、買い取った自動車を「業者オークション」に出品することで高額買取を実現しています。

一括査定では買取専門店が査定を競いますが、これはオークション相場にどれだけ近い価格を出せるかの競争になります。

ですから、自動車買取の最新の相場を知るには車買取専門店の査定額を知ることが最も近道だということになります。

一度の入力で複数の買取専門店の査定額を知ることができるのが一括査定です。

運営者の審査をパスした一流の買取専門店が競争で査定を行う一括査定なら、自宅に居たまま簡単に自動車の買取相場を知ることができます。

■概算額だけでもいいし査定をしてもらってもいい

相場の概算額がわかれば良い、実車の査定まで受ける必要が無いという場合は、申込み入力の時に「メールで概算額をお願いします」とはっきり記入すればOKです。

愛車の状態に応じた査定額の相場を知りたい場合は、日程を決めて訪問査定をしてもらいます。

一括査定は車の価格を知りたいだけの利用者も大勢いますので遠慮することはありません。

無料で、しかもたった1~3分の簡単な入力でこれだけのことができてしまう一括査定。
愛車の相場調べに使わない手はありません。


最新・直近の買取相場がわかる

■自動車の買取相場は日々動いている

業者オークション(中古車オークション)の落札相場は日々リアルタイムで変化しています。

買取業者は買い取った自動車を中古車オークションに出すことになるため、買取額の相場もオークション相場に連動するように日々変化します。

自動車の買取査定額に1週間~2週間の有効期限が付けられるのは、このように中古車の相場が短期間で変化するからです。


■買取店の競争査定で直近の相場があぶりだされる

買取額の相場を知る目的は、「これくらいなら売ろう」「交渉で○○万円を目指そう」などの腹積もりを決めることですから、直近の相場を確認できなければあまり意味がありません。

一括査定は自動車を売るときに利用されることの多いサービスですが、実は直近の買取額相場を知りたいときにも心強い味方になります。

その時点の買取概算額を1社だけでなく複数の業者間で比べることにより、直近の相場を客観的に知ることができます。

また訪問査定を受ければ、あなたの愛車の現状に応じた買取額の相場を知ることができます。

「相場を調べるだけなのに訪問査定までしてもらっては・・・」などと遠慮することはありません。

買取店も商売なのですから、査定をしてもらっても無理に売る必要はないのです。


■相場を知れば判断がしやすくなる

例えば、お住まいの地域に高額買取で評判の買取店があり、最終的にそこへ自動車を持ち込みたいという場合もあるでしょう。

一括査定であらかじめ愛車の相場がわかっていれば、業者の提示が相場から見てどうなのかの判断ができることになります。

その地域買取店の買取額が本当に高額なのかどうかがすぐにわかるというわけです。

評判だけを頼りに言い値でOKを出してしまうよりははるかにましですし、自分で確認した相場を背景に交渉をすることもできます。

一括査定で愛車を欲しがっている業者がわかる

■買取店が変われば買取価格も変わる

一口に買取店といってもその規模、業態、販売ルートなどは様々です。

全国チェーンの大手もあり地域の有力店もあります。また、輸入車、商用車、ディーゼル車、軽トラックなど特定の車種が得意な専門店もあります。

また、時期により在庫の状況や重点買取車種の違いも出てきます。

ですから同じ自動車でも買取店ごとに買取額の違いが出てくるのは当然のことです。

1店だけの査定で「下取りよりもずっと高くなった」と満足してしまえば、ほぼ確実に損をしてしまうでしょう。

自動車を少しでも高く売りたいなら、複数の買取店の買取額を比較することが鉄則です。


■愛車を欲しがっている買取店を見つける

車種によって、あるいは時期によって、同じ自動車でも買取額に大きな差が出ることがあります。

その要因の一つが、今ちょうどその買取店が欲しがっている車なのかどうかという点です。

あなたの愛車とマッチする買取店を見つけることが高額買取のためのポイントになります。

ある程度の数の買取店を比較しなければ相性のよい買取店に行き当たることができません。

一括査定を二つ、三つと利用し約10社もの買取額を比べるという例も珍しくありませんが、複数の買取店を比較するのにはこのような大きいメリットもあるのです。


■欲しがっている買取店かどうかの判断は「概算」でOK

自動車を実際に売る段階では、正確な評価額を出すために実車の査定が必要になります。

しかし、あなたの自動車を欲しがっている(高額を出せる)買取店かどうかを知るには、オンライン査定の概算額による比較で十分なのです。

一括査定でまずは「どの店が高く買ってくれそうか」をざっくりと調べ、候補を絞り込むことが大切です。

ネットからの一括査定ならわざわざ店舗に出向かなくても、1回の入力で最大8~10車の査定額を知ることができます。

まずは一括査定で多くの買取専門店に概算査定をしてもらい、そこから2~3社に絞り込んで実車の訪問査定を受けるという流れがおすすめです。

ローン残の車を売る

●中古車市場

中古車市場の初期(1960年代)には中古車流通の仕組みが整備されておらず、新車販売店が自社で販売しきれないでいる下取り車を直接、あるいはブローカーを介するなどして独立系の中古車販売業者に流していました。

中古車販売業者には零細な業者が多く、市場のイニシアチブは新車販売店が握っていたものの、新車販売店は中古車部門にあまり力を入れてはいませんでした。

1970年代に入り、オークション形式での中古車業者同士が取引を行なわれるようになり、このことが中古車市場に大きな変化をもたらしました。

専門のオークション業者が出現し、オークション業者による大規模なオークションやネットオークションも行なわれるようになりました。

中古車販売業者にとってはこのオークションにより安定した販売が可能となり、さまざまな特徴を持った独立系の中古車販売業者が増えていきました。

また一方で、オークションへの出品をメインとした全く新しい業態の中古車買取専門店も次々と出現しました。

独立系の中古車販売店の中には上場を果たすほどの成長を遂げた企業もいくつか現れています。

中古車市場の拡大とともに、大手のメーカー系列自動車販売会社も中古車市場に注力するようになり、オークションへの参入などが目だつようになりました。

景気の停滞などを背景にした新車から中古車への需要シフトが追い風となり、1990年代には市場全体が大きく拡大し、 買取専門店チェーンなどが大きく成長しました。

1990年代後半以降は市場全体が伸びが鈍り頭打ちとなり、価格の安い低年式車へのシフトなど需要の変化も見られるようになりました。

サイトメニュー


このページの先頭へ