" 下取りの相場と買取の相場

買取と下取りでは基本価格設定が違う

注目 下取りとは?

次に乗る自動車を購入する販売店に今乗っている自動車を売り、次の自動車の購入資金に当てることを「下取り」と言います。

新車を購入する場合は新車ディーラーに下取りをしてもらい、中古車を購入する場合は中古車専門店などで下取りをしてもらうことになります。

新車ディーラーの下取りの場合は、各販売会社独自の下取り基本価格表の価格を出発点にし、車両の傷みなどをチェックして相応の減額を行って下取り価格を算出するのが通常です。

下取り基本価格表は一定期間ごとに更新されますが、業者間オークション(中古車オークション)の落札相場には連動していません。

また新車購入に充てることが前提であり、「これ以上の値引きは無理だから、下取りの方で○万円上乗せしましょう」などというように、新車の値引きとセットで下取価格が決められるケースが多いため、価格が上げられても手放しで喜べないという面もあります。

メーカー純正品以外の社外品パーツの評価はあまり期待はできないのも下取りの特徴です。

店舗間の競争という面でも下取りは買取と全く違う世界になります。

買取では車買取店各社の競争があたりまえですが、下取りでは全く逆で、各店舗間でなるべく査定額の違いが出ないようにするシステムになっています。

下取り基本価格表から離れた査定ができないのは、同系列のディーラー間で下取り額の競争になれば収拾がつかなくなってしまうからです。

少なくとも同一メーカー系列のディーラーの間では下取り価格の差が出ないようにすること、これが下取りの世界では最も重要なことになります。

「ディーラーBに行ったらディーラーAより下取り額が5万円上がった」ということが起こらないようにしているのが下取りの査定なのです。


注目 買取とは?

自動車 買取 相場

今乗っている自動車を買取専門店などに売り現金を受け取ることを「買取り」と言います。

自動車の買い替えならその現金を次の自動車の購入資金に充てることになります。

買取店の買取価格は、 業者オークションの落札相場をもとにその時点で買取れる最高価格を基本価格としています。

基本価格をもとに、車両の状態や装備品などをチェックし総合的に査定額が算出されます。

業者オークションは中古車をもっとも高値で売りさばける場であり、買取専門店の多くは買い取った車を業者オークションに出品することで高額買取を実現しています。

中でも大型買取専門チェーン店の場合、 全国各地のオークション相場情報を集めて基本価格を決めることからより高い価格を提示できる場合が多いといわれます。

また買取りの場合は、下取りと違い、社外品パーツ(エアロ・アルミホイール・カーナビなど)もプラス評価対象となります。

店舗間の競争という観点から見れば、ディーラー下取りと全く逆で買取りはまさに競争の世界です。

顧客は1万円でも1千円でも高い方に売りたいわけですから、車買取店が実績を挙げるためには少しでも高い査定額を出して他店との競争に勝とうとします。

無料一括査定はまさにこの業者間の競争を前提にしたサービスであり、とても合理的な形で多くの車買取店に競争をしてもらうことができます。

この競争のおかげで、買取りの方の査定額は下取りよりもかなり高くなるというのが普通です。


注目 「買取り」と「下取り」どちらがお得なのか?

買取りも下取りも、基本価格を出発点にして車両の状態をチェックして査定額を決定する点は同じです。

プロセスが同じですから、出発点の基本価格の高い方がお得だということになります。

査定額の基になるのは、買取りの方は日々変化するオークションの落札相場、下取りは「下取り基本価格表」の価格ということになりますが、この違いは決定的です。

下取りの「下取り基本価格表」というのは、年に2回ほど更新はあるようですが基本的にオークション落札相場とは全く連動しない固定的な価格表です。

どう逆立ちしても下取り価格が買取り価格を上回ることはあり得ないと言っていいでしょう。

買取車を業者オークションで捌くという新しいビジネススタイル登場し躍進している車買取店は、査定額の面でディーラー下取りを圧倒しています。

さらに、上で触れた業者間の競争が高額査定に拍車をかけています。

新車ディーラーも業者オークションを利用することが多くなっているといわれますが、何といっても本業は新車の販売です。

業者オークションをはじめ様々な販売ルートを背景に高額買取を追求する中古車の専門業者に価格で対抗するのは、まだまだむずかしいでしょう。

また、ディーラーと買取専門店とは中古車を取り扱う絶対量が全く違うという違いもあります。

取扱量が大きければ大きいほどスケールメリットも大きくなり、それを生かした薄利多売が可能になります。

「薄利」は高額買取につながります。

そもそもこのビジネスモデルの違いだけでも、ディーラー下取りは買取専門店に敵う訳がないということになります。

サイトメニュー


このページの先頭へ