" 自動車買取の相場が落ちるタイミング

「年式落ち」と「モデルチェンジの時期」に注意

■「年式落ち」で買取相場が大幅ダウン

買取業者が買い取る自動車が市場に出回るのが年内になるか年明けになるかによって大幅に査定額の違いが出ます。

年明けになって年式が1年古くなるだけで買取相場は大幅に下がってしまいます。

つまり、業者オークションを通じて中古車販売店に渡り必要な整備等が行われて店頭に出るのが1月に入ってしまうような時期になってしまっては、年内に買取されても大幅ダウンになってしまうのです。

これが年式落ちによる査定額のダウンです。

年末に向けた11月や12月の時期に自動車を売ろうとしている場合は注意が必要です。

具体的には、グズグズして自動車を売る時期が12月中旬以降になったりするとかなり年式落ちの可能性が大きくなるのではないでしょうか。

「忙しいし、年末までにはまだ時間がある」と思っているうちに愛車が「年式落ち」の査定ダウンを被らないように気をつけてください。


■モデルチェンジがあると必ず相場が落ちる

車買取の相場

現行モデルが旧型になってしまうモデルチェンジは買取相場を大きくダウンさせます。

フルモデルチェンジはもちろんのこと、マイナーチェンジであっても査定ダウンは避けられません。

現行モデルの中古車と先代モデルの中古車では全くイメージが違いますから、この価格ダウンは当然といえば当然のことでしょう。

これは誰でも解り易い節目ですから注意すれば避けるのは難しいことではないと思います。

モデルチェンジの情報は車情報誌やネット情報で知ることができますので、自動車を売ろうかなと考えたらまずはその車種のモデルチェンジのスケジュールをチェックするべきでしょう。

そしてできるだけモデルチェンジの前に売却するのが大幅ダウンの避けるためのコツです。


■相場が下がるタイミングに注意してできるだけ早く売る

以上のように、自動車を売るタイミングの注意点としては、年式落ち・モデルチェンジといった大幅な相場ダウンの時期に注意のうえ、できるだけ早く売るのが良いということになります。

また、次のような相場の季節による変動を頭に入れておけば、自動車を売るタイミングで後悔することを避けられるでしょう。

・寒冷地の需要やスキーシーズンが近づく9月ごろから4WD車の相場が上がり始める。

・転勤や入学の多い春先は通勤・通学のためのコンパクトカーや軽自動車の需要が増える。

でも、このような相場の季節変動がある車でも、例えば相場が旬になるまであまり長い間待つということはおススメできません。

3ヶ月とか半年とかも待つよりは直ちに査定、売却した方が有利になると思います。

時期を待つよりも、できるだけ多くの買取店を競争させることに力を注いだ方が有利な条件で売ることができると思います。


■売ると決めたらできるだけ早く売る

自動車に限りませんが、中古物件は時が経てば経つほど評価額が下がります。

自動車も例外なく古くなればなるほど相場は下がっていきます。

自動車を売ると決めたら、ぐずぐずせずにできるだけ早く売るというのが賢いやり方だと思います。

どうしようかとあれこれ考えたり悩んだりするよりも、自動車の買取相場というのは一日一日下がっていることを頭に置き、思い立ったらできるだけ早く売るようにしましょう。

サイトメニュー


このページの先頭へ