" 自動車の査定・売却時の必要書類

査定・売却に必要な書類は事前に確認を


自動車の売り買いに限りませんが、法令で決められた手続きを行う場合は、普段あまり縁のない必要書類が出てきて戸惑うものです。

また必要な書類をそろえようと思っても中にはそろえるために時間がかかる書類もあります。

査定や売却契約の時になってから慌てないですむよう、事前に最低限のチェックだけはしておきたいものですね。

自動車の査定を受けるとき、そして売却をするときに欠かせない必要書類などを整理してみましょう。

●自動車の買取査定を受ける時に必要なもの

自宅で訪問査定を受けるときに用意しておかなければならない書類は

・自動車検査証(車検証)

・自賠責保険証書

の二つです。

査定を受ける前に所在を確認しておきましょう。

「自動車検査証(車検証)」についてはほとんどの場合ダッシュボード内に保管されていることと思います。

「自賠責保険証書」も法律で車に常備しておくことになっていますので、ダッシュボードに入っていると思います。

万一紛失したり破れたりしている場合は、損害保険会社あるいはその代理店で手続きを行い再発行してもらいましょう。(手数料は取られません。)


●自動車を売却するときに必要なもの

自動車を売却する時は次の書類などが必要となります。

①車検証…正式名称は「自動車検査証」。ナンバー、用途、所有者、使用者、車検日などを記したもの。

②自賠責保険証書…強制保険である「自動車損害賠償責任保険」の保険証書

③自動車税納税証明書…自動車税の納税証明書。見つからなければ県税事務所で再発行してもらいます。

④実印…印鑑登録した印鑑

⑤印鑑証明…市町村役場で発行する実印を証明するための書類。

このほかに買取店が用意する

・譲渡証明書

・委任状

があり、実印の押印と印鑑証明の添付が必要になります。

車検証に記載されている所有者の住所と、印鑑登録証明書に記載されている住所が違う場合は、本人確認のために車検証の住所と現住所への繋がりが分かる住民票が必要です。


自動車の売却の場合は「名義変更手続き」になることから必要書類が多くなります。

当日に必要書類が足りなかったり不備があったりすると、手続きがストップしてしまいますので、買取店と連絡を取り、事前に落ち度の無いよう揃えておきましょう。


●必要書類が紛失していたら早めに再交付を受ける

必要書類をチェックして紛失している書類があることに気付く場合があります。

その場合はできらだけ早めに再交付を受けておいた方がいいでしょう。

再交付の手続きなどについてはこちらのページでまとめていますのでごらんください。
  必要な書類を紛失した? ⇒ 28.html

サイトメニュー


このページの先頭へ