" クロカン・4WD車の高額買取のコツ

季節によって相場が変化する4WD車


4WD車

■クロカン、4WD車の魅力

クロカン、4WD車は、車高、ポジショニングが高いので視界も良く運転しやすく、荷物も積めるし、街中でも快適に走り、場合によっては、ちょっとした悪路へも入っていけるというとても魅力度の高い自動車です。

また走行性能だけでなく、多彩なオプションパーツでカスタマイズできるなど、クロカン・4WD車はただの日常の足ではなく、乗り手を楽しませてくれ、自分らしさを演出できる貴重な存在です。

このようにとても魅力のあるクロカン・4WD車ですが、通常の中古車買取店ではほとんどの場合オークション(自動車市場)相場を元に買取額が決定するため、プラスアルファの魅力が買取額に反映されないきらいがあります。

大手買取店などの買取額に納得がいかない場合は、クロカン・4WD車を専門に扱う買取店を探してみましょう。


■クロカン・4WD車専門買取店で高額買取を実現

マニアックな度合いの強いクロカン・4WD車の場合、通常の一括査定を申し込んでも1社も査定に応じないことも実際あるようです。

価値を評価してくれない一般の買取店で思い入れのある4WD車を売るのは「車がかわいそう」というものです。

ネット等でクロカン・4WD車専門買取店、マニアックな専門ショップなどを探しましょう。

専門店なら、あなたの車の価値を正当に評価してくれるはずです。


■プラス査定になるのはどんな4WD車?

4WD車はどちらかといえば趣味性の強い車といえるでしょう。

専門店の査定では一般の乗用車と違う着眼点があります。

クロカン、4WD車専門の買取店などの査定情報をまとめると、4WD中古車査定・買取の重要ポイントは次のようになっており、これらに当てはまる車は査定アップが期待できます。

<点検記録簿がある>

有るか無いかでは安心度、信用度が違い、あれば高価買取につながる。

<ワンオーナー車>

使用状況が把握できクセが無い点などワンオーナー車は重宝される。

<カスタマイズパーツ装着車>

インチアップアルミホイール、リフトアップ、マフラー、ナビゲーションなど
クロカン・4WD車ほど様々なメーカーからカスタマイズパーツが出ている車種は他にないかもしれません。

<下回り>

寒冷地の融雪剤や泥などで錆が出ている物もあるので下回り塗装されている車はプラス査定される。

<内装状態>

通常は内装の汚れや傷など痛んだ車が多いので内装状態の良い車はプラス査定される。

蛇足ですが、日本の中古車が大人気の海外では、メンテナンスがしやすいからでしょうか、4WD車よりも2WD車の方が好まれるそうです。


■冬が近づくと4WD車の値が上がる

4WD車の市場における特徴は9月の終わりごろから相場が上がることです。

北海道・東北などの積雪寒冷地だけの話ではなく、その他の地域でもスキーなどウインタースポーツへ出かける人達の需要もあり全国的に4WD車の相場が高くなります。

新車よりも買い求めやすく流動性の高い中古車は、それだけ季節の変動に相場が敏感に反応するのかも知れません。

4WD車の場合は、買うのなら相場が上がりだす前に買う、売るのであれば相場が高いときに売るのがお得な売買のコツです。

○4WDとは

自動車は通常、前輪だけもしくは後輪だけエンジンの力を伝えてタイヤが回るようになっており、これを2WDと言います。

4WDとは、エンジンの力を前後輪の4つのタイヤに伝え、4輪が駆動するタイプの車のことです。

悪路や雪道などを走行する能力があるので、SUVタイプの車に多く用いられていましたが、近年では普通の乗用車にも採用されることが多くなりました。

4WD車のデメリットは、前輪駆動や後輪駆動の2WD車に比べて一般的には燃費が悪くなることです。

4WDのタイプとして、常に4輪が駆動している「フルタイム4WD」と、状況に応じて2輪駆動と4輪駆動とを使い分けれる「パートタイム4WD」とがあります。

○進歩する4WD車

1970年代に米国の影響もあって日本でアウトドアブームが起こり、四輪駆動車やクロスカントリーカーが流行しました。

その後、日産のアテーサなどにより新しい四輪駆動技術が乗用車でも採用されるようになり、現在ではあらゆる車種に四輪駆動車が用意されています。

四輪駆動の目的は、大きく分けて、

①スタックの発生しやすい雪道や泥濘地などの悪路を着実に走破するため、
②ハイパワーエンジンの強大なトルクを余すことなく利用するため

の2つになります。

一般的な乗用車や商用車などに用いられる場合は前者であることが多く、「生活四駆」などとも呼ばれます。

軽トラックにも通常四輪駆動仕様が設定されており、田畑のあぜ道等、未舗装道路の走破性が追求されています。

普通のセダンやステーションワゴンおよび小型車、軽乗用車等では、当然ながら積雪地向けの需要が多くなっています。

ジープをはじめとするクロスカントリーカーでは、その使用目的から、まさに四輪駆動であることこそが車両の存在意義になっています。

逆に、スポーツ性の高い車種に搭載される場合は、②の目的であることが多くなっています。

サイトメニュー


このページの先頭へ