" 軽トラックの総距離の限界は?

軽トラックは何万キロ走れば限界なのか


通常のトラックの場合は「100万キロでも余裕」などと言われますが、軽トラックの場合は走行距離から見た限界というのはどの程度なんでしょうか。

ネットで運送業関係の方の話を見ると、30万キロなんてまだまだ余裕で、通常 50万キロから60万キロは走るようです。

赤帽専用のサンバートラック(スバル製)など、オーバーホール無しで20万キロは余裕で走り、中には100万キロ走るものもあるそうです。

軽とはいえやはりトラックはトラック、頑丈で壊れにくく作ってあるのでしょう。

もちろん、中古車ですから前オーナーがどこで何に使っていたかにもよるでしょうが、少なくとも20万キロや25万キロ程度ではまだまだバリバリ使える状態だといっていいでしょう。

現実に身近な友人に走行20万キロを超える中古を買って、整備らしい整備もせず山菜取りなどにガンガン使っている人もいます。

中古軽自動車の専門店などでも15万キロオーバー、20万キロオーバーなどの軽トラックが普通に売られているようですし、30万キロオーバーのものも店頭に並ぶことがあるといいます。

ですから、ネットでもちょっと探すだけで20万キロオーバー、30万キロオーバーの軽トラックが見つかります。

この間なんか、38.1万キロ走行で35万円の値がついているサンバーを見かけました。

どうやら軽トラックの場合は10万キロであろうが20万キロであろうが、走行距離のことはあまり気にしなくていいようですね。

走行距離よりもむしろ前オーナーがどこで何に使っていたのかによる車体の傷みなどをチェックした方がいいのでしょう。

農業関係であれば水田の泥などによる駆動系のダメージ、水産業関係であれば潮風や海水等による錆びや穴などです。

運送業関係であれば定期的にメンテナンスが行われているはずですので車体の傷みは少ないと思います。

特に短距離の定期配送などに使う軽トラックなんかは、限りなくベストに近い状態がキープされていることが多いようです。


サイトメニュー


このページの先頭へ