" 4WD軽トラックのウルトラロー

4WD軽トラックのウルトラローはいざという時の味方


4WD軽トラックの普通の車にはない魅力の一つは「ウルトラロー」とか「エクストラロー」とか呼ばれている超低速ギアです。

車種によってはギアをHi-Loモード切替で超低速にするタイプもあります。

このウルトラロー、ぬかるみなどでスタックした時に便利だなどとネットなどでは言われていますが、実際に農場で軽トラを使っている妹夫婦に聞いてみると、収穫時にゆっくり伴走して収穫物を積み込む時などに良く使うといいます。

考えてみれば水を張った水田にわざわざ軽トラを乗り入れる人なんていないでしょうし、まともな農家ならオフロードタイヤの軽トラがスタックするような圃場にはしておかないでしょう。

さて、このウルトラロー、実は山菜取りなどではとても威力を発揮するんです。

特に細い山道を分け入り、帰宅のために深い轍のある山道を切り替えして方向転換するときなど、普通の4WD車ではできないような芸当ができてしまいます。

友人の軽トラに同乗させてもらいきのこ狩りをするときは、いつも見ていてすごいなと感心してしまいます。

やはり軽トラックは4WD車に限りますね。

AT車の場合は超低速への切り替えを自動でやってくれるとのことですが、詳しいことはわかりません。

ATの軽トラックなんて、なんかピンと来ませんよね。

■4WD軽トラックは燃費が悪くないのか

農業や事業に軽トラックを使う人って燃費のことを気にしているのでしょうか。

トラクターや収穫機の燃費を考える人があまりいないように軽トラックも燃費を気にする人はほとんどいないのじゃないかという気がします。

でも、アウトドアや趣味に軽トラを利用する人なら燃費のことも気になるのかもしれません。

そこで、一応スペックを調べてみました。

10・15モード燃費よりもより実燃費に近いと言われるJCO08モード燃費での比較です。

 <車種>     <JCO08モード燃費>

 キャリィ         16.4km/L

 ハイゼットトラック    16.8km/L

 アクティトラック     17.2km/L

 ミニキャブトラック    16.8km/L

 NT100クリッパー    16.8km/L

 ピクシストラック     16.8km/L

 スクラムトラック     16.8km/L

まあまあ、こんなものでしょうか。

ネットで実燃費を調べているサイトを見つけ、その燃費データを見てみると、8キロ/Lから12キロ/Lくらいが一番多いようです。


サイトメニュー


このページの先頭へ