" 事故車・廃車を売る

事故車、廃車でもこうすれば買い取ってもらえる

■事故で大破した車でも価値がある

事故で損傷した車は確実に価値が落ちますが、その価値が全くなくなるわけではありません。

事故で大破しボロボロになってしまっていたとしても多少の価値は残るのです。

最悪の場合は鉄くずとして売れますし、少し程度がよければ「部品どり」用として売ることもできます。

国内・海外ともリサイクルの需要が高まっており、ひどい損害を受けて自走が不可能な車でもパーツさえ生きていれば充分に商品価値はあるのです。


■事故にあった車だからといって「事故車」とは限らない

「事故車」という言い方のせいかもしれませんが、事故に遭った車はすべて「事故車」なんだと誤解されている場合もあるようです。

本当の意味で「事故車」というのは「修復歴」がある車のことをいいます。

「修復歴」というのは事故によって車の骨格部分(フレーム)を修復したことを指します。

たとえ事故にあってもボディ、フェンダー、ボンネット、バンパーなど車の骨格部分(フレーム)に関係ない所を修理しただけの車は「修復歴」がつきません。

事故にあった状態のまま修理せず動かない状態の車を「事故車」と呼ぶ場合もあります。

査定を受ける時に、事故にあったことはあるが「修復歴」はない車を査定マンに「事故車です」と言ってしまえば、査定に不利な間違った情報を与えてしまうことになります。


■事故車を売るときの注意点

事故車を売るときの注意点は、悪質な業者に買取を依頼しないようにすることです。

最近では少なくなったといいますが、ゼロになったわけではありません。

事故車売却を依頼すると、はじめからレッカー車を持って来て査定もせずに車を持っていってしまうような業者がまだいないとも限りません。

事故を起こしたときは誰でも落ち込んだり気弱になったりしますので、くれぐれもこのような業者の手口に引っ掛からないよう注意が必要です。

このような心配のない信頼できる業者を選ぶ最も簡単な方法は一括査定を利用することです。

一括査定の参加業者はすべて運営主体の厳しいチェックをクリアして契約している業者であり、安心して査定、買取を依頼することができます。


■一括査定で事故車を高く売る

事故で大破した車でさえパーツ調達用、くず鉄などとして一定の価値を持っています。

査定額は当然事故車買取を得意とする業者の方が好条件になりますが、一括査定ならそのような買取店も多数参加しています。

事故車を売るときは、ぜひ【無料】一括査定で複数の買取業者の査定を比べてみることをおすすめします。

中でも事故車の場合のおすすめはカービューの事故車買取で、このカービュー経由で査定を申込むと、業者側も競合がいることを理解しているので最初からいい査定価格を提示して来れます。


■廃車の前に査定を試してみる

年式も古いし走行距離20万Kmをはるかに超えているしもう限界だろう。

例えばこんな車の廃車処分を考えている方も居られるでしょう。

しかし廃車の前にちょっと考えてみてください。

廃車にするためには陸運局での手続きや車自体の廃棄など結構費用がかかります。

廃車にするしかないと思っていた車が買取専門店に査定を依頼したら5万~10万で引き取ってもらえたというケースは珍しくないのです。

実は、日本ではもう限界だといわれるような車でも、海外ではまだまだ十分に実用になるのです。

走行距離が10万キロ以上の車は大幅に税金が安くなり、古い車ほど人気が高いという国さえあります。

このような海外向けの販売ルートをもつ買取業者なら廃車にするしかないような車でも結構な査定額で買取ることができるのです。

海外でも走行が無理な車だって、パーツの再利用や鉄などの資源としての価値が車にはあります。

どんなポンコツ車でも廃車にするくらいなら、買取店の査定を試してみるべきでしょう。

■「修復歴車」について

「修復歴車」については日査協、公取協、中販連などが統一的な基準を設けています。

この基準によれば、以下の部分を交換したり修復(修正・補修)したものが修復歴車となります。

(1) フレーム (サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア
(9) ラジエータコアサポート

(1)~(8) は「骨格部位」とされ、損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となるようです。

(9) については、「交換されており、かつ隣接する骨格部位に凹み、曲がり又はその修理跡があるもの」が修復歴となるとされています。

中古車市場には「修復歴あり」の車も出回っていますが、大きな修理を要する状態であるにもかかわらず、いい加減な修理でごまかしている車は購入後トラブルが頻発する可能性が高いと考えるべきでしょう。

たいしたことのない損傷をしっかり直した車であればトラブルが発生する可能性は少なくなりますが、素人では直してある車を見ただけで傷の状態や修理方法を判断するのはかなり難しいでしょう。

自身でこのような判断ができないのであれば「修復歴あり」の車は避けるのが無難と思われます。

サイトメニュー


このページの先頭へ