" パーツは買取でどのような評価になるのか

評価が違う純正パーツと社外パーツ

愛車に社外パーツを装着してある場合など、そのままで査定を受ければいいのか、純正パーツに戻して査定を受けたほうがいいのか悩ましいことになります。

自動車の買取査定を受ける際のパーツの取り扱いについて整理してみましょう。


■純正オプションパーツはプラス評価

パーツにはメーカー純正品から社外品まで様々なものがあります。

まずは純正品の場合ですが、一般的にメーカーオプションパーツ(純正のオプションパーツ)は人気がありプラス査定になる可能性が高いと見てよいでしょう。

もし社外品に付け替えられていたとしても、元の純正パーツが保険さtれており、穴をあけるなどの改造をしていなければ大丈夫です。

査定の前に純正パーツに戻す必要もありません。

自分で元に戻そうとしてパーツやボディーを傷めてしまったら元も子もありません。


■社外パーツはマイナス査定?

純正パーツはプラス評価の対象になりますが、社外品のパーツの評価はどうなるのでしょうか。

社外パーツはプラスどころか、マイナスの評価になる心配があるのでしょうか。

結論としては、よほど個性的なパーツでなければマイナス評価の心配はしなくて良いということになります。

純正パーツのようにパーツとしてのプラス評価はないが、パーツをつけるためにドリルで穴をあけたりしていない限りマイナスの評価をされることはないということです。

パーツショップへ出してもたいした値段が付かないようなパーツの場合は査定減を恐れてわざわざ外すまでもないということになります。

ただ、マイナス査定にはならないものの、パーツとしての評価はなされないので不満が残ることになるかもしれません。

このような場合は、パーツを車とは別に売却することを考える必要があります。


■社外パーツを本来の評価で売る

パーツショップやオークションなどで高額な値段が付くような社外パーツの場合は、付けたままでも査定減にはならないでしょうが、期待ほどのプラス評価にもなりませんので、別な対応を考えた方がよいということになります。

餅は餅屋と言いますが、パーツ専門店で査定が付くような社外パーツは、車から取り外してパーツショップで査定・売却した方がいいいいということになります。

また車種を選ばないパーツは、次の車に装着するという方法もあるでしょう。

出品などに多少手間はかかりますが、ものによってはネットオークションで売却すれば高価に売却できる場合もあります。


■まずは一括査定でパーツの評価を確認してみる

社外パーツの取り扱いは査定を受ける際の悩ましいことの一つです。

査定の際にどうすればいいのか査定マンに聞いてみるのも一つの手です。

純正パーツを外して社外パーツを後付けしてある場合、そのままの方が査定額が高いのか、純正パーツに戻した方が高いのかを単刀直入に聞いてみるのです。

社外パーツ付きの方が査定額が高く、その差額がパーツの評価からみて納得できるものであれば、そのままで買い取ってもらいます。

どちらでも同じようなものなら、純正パーツを付けて買い取ってもらい、社外パーツはパーツ買取店で買い取ってもらえばいいということになります。

パーツの評価も本体の自動車と同じで一般的な需要があるかどうかで決まることになります。

一般的ではない個性の強いパーツなどはどうしても評価が低くなってしまいます。

このような社外パーツ装着車を少しでも高額査定にするにはどうすればいいのでしょうか。

社外パーツ装着車を査定に出す場合は、パーツショップも含めた複数の買取会社の査定結果を参考にし、メリットが最大になる方法で売却を考えるということになります。

・車に装着した状態で買取をしてもらう
・取り外してパーツショップで売却する
・ネットオークションで売却をする
・自分で保管して新たな車に流用する

このようなパターンのどれが一番メリットが大きくなるのかを考え、最良の方法で売却を行うのがいいでしょう。

サイトメニュー


このページの先頭へ