" 車内のニオイは消しておきたい

車内のニオイはマイナスポイントになるのは避けられない

車内のニオイ、中でもタバコのニオイは強敵です。

買取査定の際マイナス要因になるのは分っていても、素人が自分の作業で消臭するのは不可能だという方も居られます。

タバコの煙は超微粒子だそうで車内の至る所に侵入し食い込むそうです。

プロが、エアコンダクトを洗浄し、天井やドア、内装の布すべて張り替え、シートをとり外して洗浄、ダッシュボードを交換と、これほど徹底的に屋っても完全には消セないそうです。

そしてニオイで困るのが、毎日嗅いでいる本人はそのニオイに慣れてしまってなかなか気付かないことです。

自分で気付かなくても、査定士にはニオイがはっきりわかるので、マイナス評価の原因になってしまいます。


■車内のニオイはできるだけ軽減するしかないのか

タバコのニオイやペットのニオイなどは完全に消臭するのは不可能と思った方がいいかもしれません。

プロに出して徹底した消臭をやっても完全には消せないのですから、素人では気休めくらいのことしかできないと思った方がいいようです。

でもマイナス査定になるのははっきりしているのですから、ただ指をくわえてみているのもどうかと思います。

そこで、ネットで紹介されている効果的な消臭方法をいくつか取り上げてみましょう。


■効果のある消臭の方法

車内の消臭を行うときの共通した注意点は、消臭剤などを使う前にまずは車内をきれいにすることにより、ニオイの素になっている所をできるだけふき取ってしまうことです。

ニオイの素が付着しているフロアマット、シート、天井をシートクリーナーや水拭きでしっかり拭きます。

運転席シートを取り外せる場合はシートを外に出して丸洗いした方がいいかもしれません。

この拭き取りをやってから消臭剤などで消臭を行います。

くれぐれも芳香剤などでニオイを誤魔化すのではなく消臭剤・脱臭剤などでニオイそのものを軽減するようにします。

消臭剤で効果があるといわれているのは、まずあの松岡さんのCMでおなじみのファブリーズです。

クルマ用ファブリーズで香りが残らないタイプ、ペット用 サンライトブリーズ、クルマ イージークリップ タバコ用などがあります。

シート、チャイルドシート、フロアマット、天井、トランクなどの布製品にスプレーするだけです。

次は、業者に依頼する方法ですが「オゾン消臭」です。

オートバックスやイエローハットなどでやってもらえる消臭で、料金は軽自動車で500円くらい、所要時間は15分~20分程度です。

有名ホテルなどが宿泊客の体臭やタバコ臭を消す方法を応用したもので効果が強力で、試す価値は十分あると思います。

次は、これも業者の施工になりますが、二酸化チタン、光触媒での消臭です。

この方法は効果も2~3年と長く続くようで、一般の消臭剤のクセのある臭いもないようです。

施工値段はちょっと高くなり、普通車で2万円前後だと言うことです。

このほか、車内が広い場合などはカー用品よりも圧倒的に割安になる業務用の消臭剤を使うという方法もあります。

業務用の消臭剤は通販を行っているものもあり、ネットで探すことができます。


■消臭によって大幅査定ダウンだけは避けたい

中古車ディーラーの場合は消臭のために結構な金額をかける場合もあるそうです。

ニオイ対策に金がかかるということは、ニオイのある車はその分減額査定されてしまうということです。

自分が車を選ぶときニオイのする車をどう思うかを考えてみれば、ニオイ対策はがんばってやる必要があることがよくわかると思います。

車内のニオイが強い場合は、自分以外の人にもチェックしてもらい、査定を受ける前には消臭対策を行いましょう。

完全に消臭することは不可能かもしれませんが、現状より少しでも車内のニオイを軽減して、大幅な査定ダウンだけは避けるようにしたいものですね。

サイトメニュー


このページの先頭へ