" 自動車買取に必要な書類を紛失した時は

必要書類を紛失したら再発行を受ける

■自動車を売るときに必要な書類

自動車を査定、売却するときには次の書類等が必要になります。

・車検証

車検証は、常に車内に保管しておくことが義務づけられています。紛失した場合は直ちに運輸支局で再発行の手続きをしなければなりません。

・自動車納税証明書

例年5月末までに納入する自動車税の納税証明書です。
車検を受ける時に必要になる書類なので、売却する時には売却先に渡さなければなりません。
紛失した場合は各都道府県の税事務所で、軽自動車の場合は市区役所で再発行してもらいます。

・自賠責保険証

車検の時に加入するいわゆる強制保険の加入証明書です。
自賠責保険証がない場合や期限が切れている場合はその自動車は売買することができません。
紛失した場合は加入保険会社に再発行してもらいます。

・リサイクル券

リサイクル料金を預託していることを証明するのがリサイクル券です。
紛失した場合は自動車リサイクルシステムホームページでプリントアウトした「自動車リサイクル料金の預託状況」で代用できます。

・委任状

売却する自動車の名義変更手続きを買取業者に委任するときに必要な書類です。
買取業者が用意した用紙に必要なものを記入し実印を押します。

・譲渡証明書

自動車を譲渡する旨を証明する書類。
委任状と同様、買取業者が用意した用紙に必要なものを記入し実印を押します。

・住民票

車検証に記載の住所と印鑑証明書の住所とが異なる場合に必要となります。

・実印

委任状や譲渡証明書には実印を押すので必要になります。
実印は市区町村へ登録したものが必要です。

・印鑑証明

委任状などに押した印鑑が実印であることを証明する書類。
印鑑証明書は3カ月以内に発行されたものが必要です。


■紛失した書類の再発行

・車検証の再発行

車検証を紛失した場合は、管轄する運輸支局(ナンバーを交付した運輸支局)で再交付してもらいます。

再発行の手続きに必要なものは次のとおり。

・使用者の委任状 … 使用者本人が申請する時は不要。
・車検証 … 汚損したものが残っている場合に持参する。
・理由書 … 使用者の認印の押印があるもの。
・申請者の身分証明書
・認印

運輸支局で手数料納付書と申請書の用紙を入手し、必要事項を記入して窓口へ申請します。

かかる費用は手数料、用紙代で合わせて400~500円程度。

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で再発行してもらいます。

・自賠責保険証の再発行

自賠責保険証が見つからない場合は、自賠責保険加入の保険会社を確認しその保険会社で再発行の手続きを行います。

自賠責保険は車検の時に加入するので、前回車検を頼んだ整備工場で調べてもらえば、保険会社と証明書の番号が分かります。

保険会社が分ったらその保険会社の支店窓口に行って再発行の手続きを行います。

再発行に必要なものは身分証明と印鑑で費用は無料です。

・自動車税納税証明書の再発行

自動車税納税証明書は自動車を売却する段階で必要になる書類です。

これが無いと所有権解除や車検も受けることができません。

紛失した場合は都道府県の税事務所(県税事務所など)で手続きを行います。

車検証と印鑑を持参して都道府県税事務所に行き、再発行を申請します。

サイトメニュー


このページの先頭へ