" 自動車のローンがまだ残っている

ローン残の自動車は高額買取を目指そう

■自動車の所有者がどこになっているのかがポイント

ローンが残っている自動車を売却する場合は、その自動車の所有権を自分のものにしてから売却するというのが基本になります。

そこで、まずは車検証の「所有者の氏名または名称」の欄を見て自動車の所有者が誰になっているかを確認する必要があります。

「所有者名」が自分になっていれば、その自動車は自由に売却できることになります。

「所有者名」がローン会社等になっている場合は、ローンの返済が終わるまで自動車が自分の名義にならないタイプのローンだということです。

このようなローンの自動車を売るためには、ローンの残額を全額返済してローン会社等の所有権を解除し、自分の所有権にしなければなりません。

自動車の売却代金でローンの残額を全部返済ができれば一番いいのですが、売却代金で返済できない場合は、不足分の現金を用意する必要があります。

最近ではローンが残っている自動車でも査定・買取をする買取店がほとんどです。

売却予定額を一時的に立て替えてローン会社等からの所有権移転の事務手続きも無料で代行してくれます。

査定額がローン残高より高ければ差額の現金が戻りますし、逆に査定額の方が低ければ差額の現金を立て替えた買取業者に支払うという方法です。


■ローン残の自動車の売却は一括査定でがんばった方がいい

ローン残の自動車は、売却額でローンの残債を完済できるかどうかがポイントになります。

そこで、自動車の査定を頑張ってできるだけ高額で売却した方がいいのですが、それには自動車の一括査定が欠かせません。

無料一括査定を利用してできるだけ多くの買取業者に査定してもらい、各社に査定額の競争をしてもらいましょう。

ネットでは、一括査定をいくつも利用して10社以上の買取業者に査定してもらった例を見かけることがあります。

一つの一括査定で業者数が物足りなければ、2つ、3つと利用すればいいのです。

頑張る意欲さえあれば一括査定は無料サービスですのでいくつでも利用することができます。

各社の競争が査定額を吊り上げることになり、1社だけの査定より好条件で売却することができるでしょう。

このやり方で頑張ってローンの残額以上の査定額で売却できれば不足分の現金を用意する必要も無く、逆に差額分の現金を手にすることもできます。

ローン残の自動車を売る場合は、それを目指して気合を入れて頑張ってみましょう。


■残価設定型ローンの場合はハードルが高くなる

残価設定型ローンで購入した自動車をローンの途中で売却する場合は、通常のローンの場合よりハードルが高くなります。

なぜかというと、返済が楽な分通常のローンに比べて残債の額が大きくなるからです。

残価分を据え置いて返済しているのですから、中途で売る場合は「残価分+満期までの返済予定額」が一括返済しなければならない総額になります。

こうなると、通常のローンの場合よりもさらに査定を頑張って高額査定を目指さなければ、売却額でローンの清算を行うのは困難になります。

現金持ち出しが嫌であれば、一括査定を利用してともかく1万円でも千円でも高く売却できるよう頑張るしか方法はないでしょう。

高額査定が難しいようであれば、満期まで自動車を使用するのが賢明かもしれません。

サイトメニュー


このページの先頭へ