" 社外品のパーツが付いている

車買取店では社外パーツが評価される場合もある

カーナビ、アルミホイール、エアロパーツなど純正品ではない社外パーツをつけている自動車を買取査定に出す場合、純正品に戻した方がいいのでしょうか。

それとも高価なパーツの場合は社外品のままで買取査定を行った方がいいのでしょうか。

これは自動車買取査定が初体験の場合、ちょっと悩ましいところだと思います。

社外品パーツ、純正パーツはそれぞれどのような扱いをすれば買取査定で有利になるのかを整理してみました。


■純正品の新車オプションは評価される

まず、純正品で新車購入時でなければ付けれないようなオプション、例えばHDDナビ、オーディオなどですが、これはほぼプラス評価になると考えていいようです。

パーツだけでなく、サンルーフ、本革シートなどの新車時オプションの場合もほぼ確実にプラス評価になるようです。

まあ、このようなパーツやオプションを買取査定だからといって外そうとする人はいないでしょうから、別に悩ましいことではありません。

プラス評価であることを頭に入れておいて、査定のときはさりげなくアピールすればいいでしょう。


■社外品パーツは相手によって評価が異なる

さて、エアロパーツなど社外品パーツをつけている場合はどういう評価になるのでしょうか。

まず新車ディーラーの下取り査定の場合ですが、この場合は間違いなく純正品の場合に比べてマイナス査定になるようです。

エンブレム一つでも純正品が付いているかいないかで評価が違うといいますから、純正品を取ってある場合はすべて純正品に戻して査定を受けるのが得策です。

次に車買取専門店の査定の場合ですが、高価なパーツなど物によっては評価を受ける場合もあるようです。

ただし、どの車種でもどの買取店でも必ずプラス評価になるわけではなく、ケースバイケースだというのが現実です。

社外品のままで査定をした方がいいのか純正品に戻した方がいいのか判断が付かないときは、査定の前に査定マンに率直に聞いた方が話が早いかも知れません。

車買取店としても売り易い状態の車の方がいい訳ですからどちらが評価が高くなるのか答えてくれるはずです。

もし、純正品の方が査定額が高くなるようだったら、やはりすべて純正品にすべて戻した状態で買取査定を行えばいいでしょう。


■社外品はパーツ専門店の買取の方がお得?

社外品のままでもプラス評価になる場合、どの程度の評価額になるのかも大切なポイントです。

例えば純正の場合より2万円アップするとした場合、その社外品がパーツ専門店では3万円の査定になるとすると、全体では決してお得にはならないことになります。

このようなケースの場合は、社外品を純正品に戻して、社外品は別売りした方がいいわけです。

もちろん、どんな有名メーカーの高価な社外パーツでも、車検を通らないようなものはマイナス査定になります。


■純正品はきちんと保管しておこう

以上を整理してみると、やはり純正品というのは大切で、色々社外パーツを付けて楽しむ場合でもきちんと保管しておいた方がいいということです。

たまたま社外品がプラス評価される物であればまだいいのですが、マイナスにしかならない社外品であれば、純正パーツを保管していないと元の状態に戻せないことになり、踏んだり蹴ったりになってしまいます。

車をノーマルな誰でも買いやすい状態に戻す純正パーツは、買取査定の大事なポイントの一つです。

くれぐれも大切に保管しておきましょう。

サイトメニュー


このページの先頭へ